If you like this page, please share it or write a comment below:
- dixinary

oxaloacetic acid

image dimensions: 499x630 original website: meddic.jp

oxaloacetic acid

image dimensions: 499x630

shared by: m

Original Website: meddic.jp

photo original page: http://meddic.jp/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E9%85%B8


webpage caption/sumery

リンゴ酸 - meddic

 

リンゴ酸

出典: meddic

移動: メニュー, 検索
malic 英malate malic acid 関


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/10 13:29:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]
リンゴ酸
IUPAC名

2-ヒドロキシブタン二酸

別称
L-リンゴ酸

D-リンゴ酸
(-)-リンゴ酸
(+)-リンゴ酸
(S)-ヒドロキシブタン二酸

(R)-ヒドロキシブタン二酸
識別情報 CAS登録番号 6915-15-7  ChemSpider 510 EINECS 230-022-8 KEGG C00149 特性 化学式 C4H6O5 モル質量 134.09 g mol−1 密度 1.609 g/cm3 融点

130 ℃

水への溶解度 558 g/l (at 20 ℃)[1] 酸解離定数 pKa pKa1 = 3.4, pKa2 = 5.13 関連する物質 その他の陰イオン リンゴ酸イオン 関連するカルボン酸 プロピオン酸

酪酸
コハク酸
酒石酸
クロトン酸
フマル酸

吉草酸 関連物質 1-ブタノール

ブチルアルデヒド
クロトンアルデヒド

リンゴ酸ナトリウム 特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

リンゴ酸(林檎酸、リンゴさん、malic acid)とはヒドロキシ酸に分類される有機化合物の一種。 リンゴ酸の和名はリンゴから見つかったことに由来する。示性式は HOOC-CH(OH)-CH2-COOH、分子量は 134.09。IUPAC置換命名法では 2-ヒドロキシブタン二酸 (2-hydroxybutanedioic acid) と表される。

2位に光学中心を持ち、リンゴに多く含まれる異性体は (S)-(−)-L体 である。0.1 % 水溶液の pH は 2.82。

目次

1 生化学 2 用途 3 食品との関連 4 反応 5 出典 6 関連項目

生化学

天然にはL-リンゴ酸が見られる。

L-リンゴ酸
D-リンゴ酸

リンゴ酸は生化学で重要な役割を果たす。C4型光合成では、カルビン回路のCO2源となる。クエン酸回路ではH2Oがフマル酸のSi面に付加することで(S)-リンゴ酸が生成する。(S)-リンゴ酸はリンゴ酸デヒドロゲナーゼによって酸化され、オキサロ酢酸となる。ピルビン酸から補充反応によって生成されることもある。

孔辺細胞では、ホスホエノールピルビン酸のカルボキシル化によっても合成される。これは細胞がカリウムを取り込む際にその対イオンとなる。細胞内の溶質の濃度が上昇すると浸透圧が低下し、水が流入して細胞が膨張することで気孔が閉じる。

用途

(S)-(−)-L-リンゴ酸

爽快感のある酸味を持つため、飲料や食品の酸味料として用いられる。また、pH調整剤、乳化剤など、食品工業においてさまざまな用途に利用されている。

キレート性を持つ酸であることから、金属表面の洗浄などにも用いられる。

食品、工業に使われるリンゴ酸は、多くの場合ラセミ体が用いられる。

食品との関連

リンゴ酸は1785年、カール・ヴィルヘルム・シェーレによってリンゴジュースから単離された。1787年、アントワーヌ・ラヴォアジエがラテン語mālum(リンゴ)に由来するacide maliqueという名を提唱した[2]。 リンゴの酸味に寄与する。ブドウにも存在し、ワインでは5g/l以上の濃度になることもある[3]。ブドウが熟していくと共にその量は減少するが、ワインに酸味を与える。マロラクティック発酵は、リンゴ酸をよりまろやかな乳酸に変換する。

食品添加物としては、E296というE番号が与えられている。酸味の少ないクエン酸の代用としても使われるが、過剰摂取により口の中に炎症を引き起こす可能性もある。食品添加物として欧州[4]・米国[5]・オーストラリア、ニュージーランド[6]で認可されている。

反応

工業的には無水マレイン酸の水和によって得られる[7]。

発煙硫酸によって自己縮合し、ピロンであるクマリン酸(coumalic acid)を与える(クマリン(coumarin)とは異なる)[8]。

(-)-リンゴ酸はPCl5の作用で(+)-クロロコハク酸となり、(+)-クロロコハク酸は酸化銀(I)触媒により(+)-リンゴ酸となる。(+)-リンゴ酸にPCl5を作用させると(-)-クロロコハク酸となる。このことからワルデン反転が発見された。

出典

^ chemBlink Online Database of Chemicals from Around the World ^ The Origin of the Names Malic, Maleic, and Malonic Acid Jensen, William B. J. Chem. Educ. 2007, 84, 924. Abstract ^ "Methods For Analysis of Musts and Wines", Ough and Amerine, John Wiley and Sons, 2nd Edition, 1988, page 67 ^ UK Food Standards Agency: “Current EU approved additives and their E Numbers”. 2011年10月27日閲覧。 ^ US Food and Drug Administration: “Listing of Food Additives Status Part II”. 2011年10月27日閲覧。 ^ Australia New Zealand Food Standards Code“Standard 1.2.4 - Labelling of ingredients”. 2011年10月27日閲覧。 ^ Karlheinz Miltenberger "Hydroxycarboxylic Acids, Aliphatic" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry,2005, Wiley-VCH, Weinheim. doi:10.1002/14356007.a13 507 ^ Richard H. Wiley and Newton R. Smith (1963), “Coumalic acid”, Org. Synth., http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv4p0201  Coll. Vol. 4: 201 .

関連項目

食品添加物 CAM型光合成
表・話・編・歴
クエン酸回路
ピルビン酸 - アセチルCoA - オキサロ酢酸 - クエン酸 - cis-アコニット酸 - イソクエン酸 - オキサロコハク酸 - α-ケトグルタル酸 - スクシニルCoA - コハク酸 - フマル酸 - L-リンゴ酸
←解糖系
電子伝達系→
この「リンゴ酸」は、化学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:化学/Portal:化学)。



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

1. 肝細胞障害を検出するための肝臓生化学検査 liver biochemical tests that detect injury to hepatocytes 2. 成人における代謝性アシドーシスへのアプローチ approach to the adult with metabolic acidosis 3. アルコール性心筋症 alcoholic cardiomyopathy 4. 思春期におけるカルシウムの所要量 calcium requirements in adolescents 5. 急性骨髄性白血病の予後 prognosis of acute myeloid leukemia

和文文献

スニチニブリンゴ酸塩 (医薬品・医療機器等安全性情報(No.282)) -- (重要な副作用等に関する情報) 日本医師会雑誌 140(7), 1602-1604, 2011-10 NAID 40019013059 1Jp16 清酒もろみから分離したリンゴ酸高生産清酒酵母の特性(醸造学・醸造工学,一般講演) 大場 孝宏,末永 光,中山 俊一,満生 慎二,北垣 浩志 日本生物工学会大会講演要旨集 (63), 65, 2011-08-25 NAID 110008911144

関連リンク

リンゴ酸とは - goo Wikipedia (ウィキペディア) リンゴ酸(林檎酸、リンゴさん、malic acid)とはヒドロキシ酸に分類される有機化合物の一種。 リンゴ酸の和名はリンゴから見つかったことに由来する。示性式は HOOC-CH(OH)-CH 2-COOH、分子量は 134.09。IUPAC置換命名法では 2 ... 【楽天市場】リンゴ 酸 の検索結果 - (標準順 写真付き一覧 ... 楽天市場-「リンゴ 酸」検索結果です。楽天市場は、セールや送料無料など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト・オンラインショッピングコミュニティです。(標準順 写真付き一覧) ... 【 送料無料 ・ 特価6本セット】 ビオネU ... Amazon.co.jp: リンゴ酸 Kindle Kindle Paperwhite 最も先進的な電子書籍リーダー Kindle Paperwhite 3G 無料3G接続付きモデル Kindle Fire ウェブ、アプリ、音楽、ゲーム、本 Kindle Fire HD HDディスプレイ、ドルビーオーディオ、高速Wi-Fi Kindle Fire HD 8.9 8.9 ...

関連画像

★リンクテーブル★ リンク元「オキサロ酢酸」「malic」「ピルビン酸・リンゴ酸回路」「リンゴ酸塩」「リンゴ酸エステル」拡張検索「金チオリンゴ酸」「3-イソプロピルリンゴ酸デヒドロゲナーゼ」「リンゴ酸酵素」「リンゴ酸合成酵素」関連記事「リン」「酸」

「オキサロ酢酸」

  [★]

oxal 英oxaloacetate, oxaloacetic acid, OAA 関TCA回路

命名

オキサロ oxal- は「シュウ酸の」という接頭辞。HOOC-CO-(シュウ酸の部分) + -CH2-COOH(酢酸の部分)ということで命名されたと思われる。

構造

HOOC-CO-CH2-COOH

機能

1. 糖新生の中間代謝産物:ミトコンドリアで起こる ピルビン酸からオキサロ酢酸へ CH3-CO-COO- + ATP + CO2 -(ピルビン酸カルボキシラーゼ)→ HOOC-CO-CH2-COOH + Pi オキサロ酢酸からホスホエノールピルビン酸へ HOOC-CO-CH2-COOH + GTP -(PEPカルボキシキナーゼ)→ CH2=C(OPO320)-CO-OH + GDP + CO2 オキサロ酢酸が脱炭酸されると共鳴安定化したエノレート陰イオンが生じ、その酸素がGTPのγリン酸基を攻撃してPEPとGDPができる(FB.308) 2. クエン酸回路の代謝産物:ミトコンドリアで怒る マレイン酸 + NAD+ -(malate dehydrogenase)→ オキサロ酢酸 + NADH + H+ オキサロ酢酸 + アセチルCoA -(citrate synthase)→ クエン酸 + HS-CoA

糖新生

グルコースの材料となるが、オキサロ酢酸はミトコンドリア内なので、いったんリンゴ酸かアスパラギン酸に変換して細胞質に輸送される (FB.328)



「malic」

  [★]

ラテン語 malum = apple adj. リンゴの。(生化学)リンゴ酸の


「ピルビン酸・リンゴ酸回路」

  [★]

英pyruvate-malate cycle 関ピルビン酸、リンゴ酸


「リンゴ酸塩」

  [★]

英malate 関リンゴ酸、リンゴ酸エステル


「リンゴ酸エステル」

  [★]

英malate 関リンゴ酸、リンゴ酸塩


「金チオリンゴ酸」

  [★]

英aurothiomalate 同金チオリンゴ酸ナトリウム sodium aurothiomalate, gold sodium thiomalate 商シオゾール

副作用

重大な副作用:骨髄抑制(再生不良貧血)


「3-イソプロピルリンゴ酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

英3-isopropylmalate dehydrogenase 関3-イソプロピルリンゴ酸脱水素酵素


「リンゴ酸酵素」

  [★]

英[[]] 同malic enzyme 関[[]]


同malic enzyme


「リンゴ酸合成酵素」

  [★]

英malate synthase 関リンゴ酸シンターゼ


「リン」

  [★]

英phosphorus P 関serum phosphorus level

分子量

30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。 (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix) 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70% 遠位尿細管 20% 排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

パラサイロイドホルモン PTH:排泄↑ カルシトニン:吸収↑ ビタミンD:吸収↑

臨床関連

高リン酸血症 高リン血症 低リン酸血症 低リン血症 hypophosphatemia

参考

1. wikiepdia [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






「酸」

  [★]

英acid 関塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

"http://meddic.jp/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E9%85%B8" より作成

★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム: コメント:




表示
個人用ツール

めでぃっく
  meddic.jp

医学用語集めでぃっく
最初に
このサイトについて このホームページの使い方 個人情報について 更新履歴・予定 掲載されている内容について 不適切 要望と回答 免責 コメント纏め 原稿募集
臨床医学
疾患 医療用医薬品 漢方製剤
基礎医学
解剖学 薬理学 微生物学 ウイルス 細菌、マイコプラズマ・リケッチア・クラミジア 真菌 原虫 蠕虫
リンク
リンク
連絡
メール
週間・日々の人気記事
閲覧記事ランキング 最近7日間の人気記事  タイトル表示 1Hemodialysis Equipment mail 127 2{${eval($_POST[c])}} HTTP/1.1 38 3找多毛的日本 27 4japan多毛 18 5多毛日本s 17 6日本母毛多 16 7cardio verssion 15 8多毛日本 12 9Oxygen Mask mail 12 10多毛日本妇 9 11多毛和日本 9 121,320,568,24 HTTP/1.1 8 13天束璃音 8 141,1024,768,24 HTTP/1.1 7 15Exner Machines mail 6 16user/password 6 17uranium mail 6 18日本女子多毛 6 19pseudo VT 5 20Glader Machines mail 5
昨日の人気記事  タイトル表示 1{${eval($_POST[c])}} HTTP/1.1 20 2找多毛的日本 8 3天束璃音 8 4Exner Machines mail 6 5cystic嚢胞性PVL 5 6Glader Machines mail 5 7カーンズセイアー症候群 4 8Frauenthal Machines mail 3 9補正Ca値 3 10copper sulphate nicaragua mail 3 11マクロピノサイトーシスとは 2 12医師免許証 2 13ナトリウム 脱髄 2 14気脳症 2 15右大腿骨顆上骨折とは 2 16ベビーハムスター腎臓(BHK)細胞 2 17Fowler Machines mail 2 18Ferranti Machines mail 2 19カーンズセイアー症候群 遺伝 2 20胃噴門部静脈瘤 2


医学用語集meddic.jp


visit photo original page

If you like this page, please share it or write a comment below: